取り扱い映画

別れの曲

別れの曲
1934年 / 1時間31分 
  • 監督:
  • ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
  • 出演:
  • フレデリック・ショパン:ヴォルフガング・リーベンアイナー エルスナー教授:リヒャルト・ロマノスキー
  • 脚本:
  • エルンスト・マリシュカ
  • カテゴリー:ベストセレクション

物語


 激動のワルシャワから芸術の都パリへ・・・
” ピアノの詩人 ” ショパンの若き日の愛と苦悩が、初恋の人コンスタンティアとの悲恋を縦糸に、ジョルジュ・サンドやフランツ・リストら豪華な登場人物たちとの交流を縦糸にして、鮮やかに描き出されます。

 1934年に製作されたこの映画は、翌年の昭和10年(1935)に日本でも公開され大ヒットとなりました。劇中にはショパンの名曲がふんだんに流れ、特に《テチュード第3番ホ長調》はメインのテーマ曲として使用されて涙を誘い、映画の邦題「別れの曲」と共に人々の心に残ることとなり、以来、日本ではこの曲が《別れの曲》と一般に広く呼ばれるようになりました。

♪別れの曲『エチュード第3番ホ長調op.10-3』について
 この曲はショパンの『エチュード(練習曲)集作品10』12曲のうち、3番目の曲で12曲のうちでも最も叙情的で美しく、ショパン自身「これほど美しい旋律を見つけることは二度とできないでしょう」とフランツ・リストに言ったと伝えられています。

More Films